風俗の体験談を読めば、恋愛のイロハも学べるらしく、今密かに話題らしいですよ!

風俗という言葉の誤解

投稿日:2016年12月11日

かつて学生時代の話ですが、テレビ番組で「風俗習慣に馴染む」なんて言葉を聞くとドキッとしてしまった経験があります。思春期真っ只中の男性学生にとって「風俗」なんて言うと、ついついエッチなお店が連想されるじゃないですか。まあ、実際は全くいやらしい意味じゃないんですけど。しかも学生なんて、風俗で遊んだ経験もないはずなのに、勝手に妄想しちゃうんですよね。そんな学生時代を過ごしたためでしょうか、今では立派なデリヘル好きの社会人になってしまいました。もうテレビで「国々の風俗習慣」なんて言葉を聞いてもドギマギしませんけど、今でも「風俗」「デリヘル」「巨乳」みたいな言葉、大好きです。月に3回はエッチなお姉さんを部屋に呼んでイチャイチャしていますね。本当は風俗なんかより恋人作りに力を注いだほうがいいんでしょうけど、やっぱり手軽にプレイできるデリヘル嬢の口に性を注いだほうが楽しいので、今日もこれから風俗遊びを堪能しちゃいますよ。

風俗の危険性とは

性風俗店でお遊びになりたい方も多くいらっしゃるでしょう。実際に風俗通いをされている方も多くいらっしゃるでしょう。でも、風俗での遊びは、危険を伴うこともあります。これは僕が友人から聞いた話ですが、とある格安デリヘル店で、風俗嬢から性病を感染させられたらしいんです。お店のほうでも性病の検査はしっかり行っているんでしょうが、完全に防げるというわけでは残念ながらありません。恐ろしい話ですよね。病気に関してはリスクを承知の上で、あくまで自己責任で遊ぶという気持ちは必要でしょうね。あと、これは自己体験ですけど、風俗遊びにハマりすぎないように気を付けたほうがいいですよ。女性とエッチなことをするというのは、大変楽しいことですから、夢中になってしまうかもしれませんけど、気を抜くとすぐに破産してしまいます。自分も一時期、めちゃくちゃ借金していましたから、ちょっと反省しました。このように風俗って危険もつきものなので、それを心得ておきましょう。