風俗の体験談を読めば、恋愛のイロハも学べるらしく、今密かに話題らしいですよ!

あの頃の俺の風俗事情

投稿日:2016年11月3日

かつて風俗店が多いエリアに住んでいました。あのころ俺はすごかったです。ネットで検索すれば、毎日違うデリヘル店で遊んでも違ったプレイができるだろうってくらいお店が溢れていましたから、本当にほぼ毎日、エロいことをしまくっていましたね。値段が安かったのも理由のひとつかもしれませんが、一番の問題は、彼女たちが可愛らしかった点にあります。美女が相手じゃないとわかれば、そんなに毎日遊びませんから。さらに彼女たちはエロい見た目のくせに、エロいテクニックも文句なしなんです。こんなマンガやAVの世界でしか見かけないような子、実在するんですね。驚きますが事実です。現在は仕事の都合で別のエリアに引っ越してしまい、少し風俗遊びからは遠のいてしまいましたが……。まあ、一生分くらいは遊んだので、後悔はしていません。それにデリヘルはけっこう全国的に充実しているので、またムラムラしてきてしまったら電話ひとつで美女をデリバリーしたら良いだけですからね。今後も右手の代わりに、ナニのお世話を風俗でしてもらいますよ。

尊敬すべき風俗の大先輩

ああ、30歳になってから風俗デビューをしてから数年。どれくらいのお金を風俗店につぎ込んだことでしょうか。そうはいっても、100万円かそこらだと思いますが。数年で風俗に100万円というのは、多いのでしょうか、少ないのでしょうか。人によってつぎ込む金額は違うでしょうから、一概には言えませんかね。しかし自分にとっては、びっくりするような出費です。なんでこんなに使ったんだろう、という感想です。でも上には上がいるものです。職場の大先輩は、わたしよりかなり年上ではあるのですが、話によると、デリヘルに1000万円以上は使ってきているという話でした。文字通り、ケタが違います。話によると、その人は、若いころから中年期にかけて、毎週のようにデリヘルを呼んでいたとか。すごいですね。尊敬しちゃいます。そして世界を飛び回ってもいるので、世界各国の女性とエッチなこともしてきたようです。うらやましい。実にうらやましい。心から尊敬申し上げます。