風俗の体験談を読めば、恋愛のイロハも学べるらしく、今密かに話題らしいですよ!

性風俗の歴史とこれから

投稿日:2016年10月16日

性風俗というのは、いつからあるんでしょうかね。売春婦は、人類で最も古い職業の一つだなどと言われます。しかも、古代は違う文明同士の交流があまりありませんでした。でも、売春婦は、あらゆる地域にいたらしいんです。どの地域も、独自の文化で売春というものを作っていったんでしょうね。それだけ、人間の性欲というのはすごいんでしょうね。まあ、気持ちはわかりますが。わたしも男ですから。日本でも、神社にいる巫女さんは性的なご奉仕をしていたとかいう研究もあるみたいです。そして売春はさまざまな文化のもとに発展し、現在の性風俗につながってくるのです。男がスケベである限り、そして、女性がお金を欲する限り、デリヘルなどのエッチな産業はこれからも続いていくでしょうね。男性が草食化していると言われる昨今ですが、スケベでなくなったわけではないですから。自分もデリヘル大好き男なので、アソコが枯れるまで、いつまでも遊び続けるでしょう。性風俗産業は永久に不滅です。

女性向けの風俗店

性風俗店といえば、客が男性で、相手をしてくれるのが女性です。あたりまえの話です。エッチなことをしたいという気持ちが強いのは、男の方なのです。しかし、女性だって性欲はあるわけですよね。ちょっと変わった風俗店がないか調べてみました。つまり、女性向けの風俗店ですね。ホストクラブだってあることだし、女性だっていい男を相手にエッチなことをしたいのではないかと思ったのですよ。すると、思ったよりもすんなり発見できました。というか、男性である自分が知らないだけで、女性向けの風俗店というものはけっこう一般化しているのかもしれません。デリヘルみたいに異性を派遣できるお店ももちろんあります。ちょっとビックリしてしまいますよね。男性の性風俗文化を批判するような女性も多い中、自分たちだって同じシステムで男性とイチャイチャしているんですから。これからはお互い、もっとオープンにエロいことを許容していけたら平和なんじゃないでしょうか。そんな時代がくるといいんですけど、そうするとこっそり遊ぶドキドキ感がなくなってしまうので、やっぱり今のままが良いのかな、なんて思う自分もいます。とりあえず明日も自分は気にせずデリヘルで遊びますよ。